棟梁のこだわり

道具

木又工務店が道具にとことんこだわる理由。それは、修業時代にまで遡ります。
「刃物が切れていないと、いい仕事はできない」という親方の厳しい教えを遵守し、来る日も来る日も道具の刃を磨き続けて鍛錬を積んだ技と共に活かす時を待ったのです。
「最高の道具で、最高の仕事を仕上げてやる」という気持ちを強く抱いて。
そして、期待以上の精度で仕事を形に残して、一つひとつ信頼を築き上げてきました。
道具にこだわる。この姿勢は大工としての心構えを整え、お客さまの喜びを生み出していくためのもの。
最高の家づくりをとことん追求していくために、この基本姿勢を大切に貫いていきます。

作業場

免許

伝統