棟梁のこだわり

免許

大工に大切なのは何よりも腕。建てる家のよさは、建てた家でしか伝えられないと思っています。
職人としての想いはそうあるものの、木又工務店の大工は免許取得のための勉強も大切にしています。
その理由は大きくふたつ。
まずは「初見のお客さまにとって、大工のスペックを測るためには有している資格を見ることがどうしても大きな意味をもつ」こと。そして「現場のすべてを理解することができなければ、本当の家づくりができないという」想いがあるからです。
現場で指示を仰ぎ、加工された木材を組み上げていく。これでは納得でできる家が建てられない。
お客さまの想いやこだわりを、素材選びや施工過程から大切にした家を建てたい。
木又工務店なら家づくりの現場すべてを任せられる、そう信頼してもらえる存在になりたい。
だからこそ免許取得にこだわります。

作業場

道具

伝統