施工事例

大和郡山市 2014年

千日町の家

奈良県吉野産の杉と桧を構造に使い、大工の墨付けと手刻みで建てた家。構造材は中低温乾燥で色艶と強さを残し、室内には心地良い木の香りが漂う。
天然素材にこだわり、壁は漆喰塗り。床にはナラのフローリング、板壁には赤杉の柾目、階段にはケヤキを使用。他にも栗、栃、松、チェリー、アッシュ等を使用。キッチンや家具も大工造作による。断熱材はパーフェクトバリアを使用。

所  在  地 奈良県大和郡山市千日町
完     成 2014年8月竣工
設     計 木又工務店
構     造 木造2階建て
面     積 延床面積 30坪
家 族 構 成 夫婦、子供1人
総  工  費 2100万円

LDK。吉野杉の梁と吉野桧の5寸角の通し柱。

ダイニングとキッチン。キッチンとダイニングテーブルも大工造作による。

リビングの横には小上がりになった和室。小上がりの下には収納。3畳の広さが心地良い。

和室の縁なし半畳と坊主襖。い草の香りと障子から射す柔らかい光の中で昼寝。

外観。南面は吹付けゆず肌仕上げ。三方は吉野杉いろはオイル塗装。玄関建具は赤杉柾目のうづくり仕上げ。
屋根は登り梁で支え、吉野杉の30mm厚の野地板の上に、断熱層を設け軒先からの換気を棟で逃がす。

2階の居室とロフト。地松梁と名栗仕上げの小屋束。登り梁と吉野杉30mm厚の野地板。将来子供が増えると二室に間仕切る。

2階寝室の漆喰壁に残した家族の手形。寝室は施主さんに漆喰施工を体験して頂いた。

土間のある玄関。栗の敷き台はヤリガンナ仕上げとし、滑り防止も兼ねる。施主さん製作の格子窓。

栗のベンチに腰掛け、週末は趣味の自転車をいじる。

漆喰仕上げのトイレ。板壁には赤杉の柾目をうづくりにし、渋い表情に。

ケヤキの階段。力強い木目。

板壁の赤杉の柾目、うづくり仕上げ。天然塗料の国産いろはオイル塗装。

2階天井の木組み。力強い地松梁の上に名栗仕上げの小屋束。

四條畷大工衆 木又工務店にご質問・ご要望などございます時には、お気軽にご相談ください。

一度、ご相談ください。

他の施工事例

  • 鮨 三心
  • モクセイハウス
  • 駒川の家
  • 上松町の家
  • MIGIWA
  • 登美ヶ丘の家